b0358228_21275777.jpg


昨年から始めた断捨離作業を今年も続行中ですが、

どうしても断捨離できなかったものがあります。

それは骨董市で買った古い時代のブルー&ホワイトの雑貨たちで、



青いバラの花の絵が描かれたコップとソープディッシュです。


b0358228_21380503.jpg


コップとソープディッシュはパッと見がセットのように見えますが、

実は全く違う製造元なんです。



1つだけでも可愛いのに2つ並ぶと可愛さが倍増するかのよう。


b0358228_21432568.jpg




このバラの絵柄を見ていると、いつの日か品種改良されて青いバラの花が実現されたらいいなと。



b0358228_21470226.jpg



コップの底の刻印を見てみると1940年代のCrown Devon社のものでした。



b0358228_21501311.jpg



そしてこれはシェル形で、おそらくソープディッシュとして製造されたものはないかなと。


b0358228_22004559.jpg



絵柄と雰囲気がコップと似ているので同じ製造元のように見えるけれど、


b0358228_21380503.jpg



底にMade in Englandと書かれており、製造元の刻印もないことから、

Crown Devon社の絵柄を真似て、なんちゃってCrown Devonモノとして売られていたのではないか?と推察(笑)



b0358228_22043950.jpg




コップに歯ブラシを入れ、ソープディッシュに石鹸を入れて洗面台の上に置こうと思っていたけれど、

主人の「絶対割るから置かないほうがいい」という意見を取り入れ、



b0358228_21275777.jpg



コップはペン立て、ソープディッシュはその日使ったアクセサリーや時計の一時置き場となっています。


そして時にはソープディッシュはキャンドルスタンドとして活躍している今日この頃。


b0358228_22132178.jpg


b0358228_22150641.jpg





松任谷由実  《青春のリグレット》





[PR]
# by papermoon23 | 2018-01-15 22:22 | 雑貨いろいろ | Trackback | Comments(2)

大好きな散歩と雑貨とハンドメイドについて書いています。


by paper moon