<   2016年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

森林浴 vol.3


b0358228_18274355.jpg






森林浴へ出かけた日は最初は雲っていたけれど、


b0358228_17271769.jpg



途中からお日様が出てきて


眩しいほどの日差しになりました。




b0358228_17244545.jpg



平坦な散歩道だけでなく



どんな道でもてくてく。



b0358228_17370337.jpg


どの方向に目を向けても、



緑、翠、碧、みどり、ミドリ・・・



b0358228_17510937.jpg




とにかく、いろいろな色のみどり色だけ。



b0358228_18162838.jpg





途中、せせらぎの音が耳に入り、


小さな水路を発見。


b0358228_17584384.jpg




木漏れ日を受けてキラキラ。


b0358228_18043345.jpg






聞こえてくるのは足元のせせらぎの音と風が吹く音と鳥のさえずりだけ。



b0358228_18191966.jpg



森林浴が気持ちの良い季節となりました。


b0358228_18485218.jpg





久石譲さん 映画《ハウルの動く城》から《人生のメリーゴーランド》





[PR]
by papermoon23 | 2016-04-28 18:50 | 散歩をしていて見た風景 | Trackback | Comments(8)


散歩しながらいつも思うのは


ふと、見つけた風景を自分なりにどうやって切り取って心のアルバムに留めておこうかということ。



b0358228_05313680.jpg



できれば脳裏にしっかりと焼き付けておきたいけれど


記憶ほど当てにならないものはないので



写真に撮っています(笑)




風によってコロコロと運ばれてきた変わった植物とか



b0358228_05285078.jpg







おうちの外壁に貼られていた月と太陽のタイルを見て、このおうちの人は陰陽を表現したかったんだなと思ったり


b0358228_05355573.jpg





お互いに目が合ってしまって、しばし見詰め合ってしまったネコちゃんだったり


b0358228_05471501.jpg




植物図鑑を手に入れたらぜひとも調べてみようと思う見知らぬ花だったり


b0358228_05495929.jpg





鳥のための巣箱を見つけて、どんな鳥がここに住むのだろう?といろいろ想像してみたり



b0358228_06285417.jpg







何気なく街路樹を下から見上げてみたら太陽の光が透けてキレイだったこととか。



b0358228_06464827.jpg





大したものでなくても私にとってはどれも宝物。




大橋トリオさん 《HONEY》









[PR]
by papermoon23 | 2016-04-27 06:35 | 旅先で見た風景 | Trackback | Comments(2)

あの日見た空



散歩をしながらキレイだなと思ったものをメモするように写真を撮ってみる。



たとえばそれは窓ガラスに映った青空だったり、


b0358228_06152952.jpg






水たまりに映った空だったり、



b0358228_06175550.jpg



b0358228_06203529.jpg




ガラスに映った海と空だったり、



b0358228_06275604.jpg





でも一番嬉しいと思うのはキレイな夕焼け空に会えたとき。



b0358228_06463643.jpg




b0358228_22520516.jpg







映画《千と千尋の神隠し》で主人公の千尋がカオナシと一緒に水面を走っていく電車に乗っているシーンで流れている曲。

久石譲さん 千と千尋の神隠しから《6番目の駅》





[PR]
by papermoon23 | 2016-04-24 06:30 | あの日見た空 | Trackback | Comments(8)

花の名前




外国の絵本の挿絵に出てくるような木を実際に見てみたいと、ずっと思っていました。


そしてやっと自分の探していた木に出会いました。


こんもりとしたキノコのような形がお気に入り。


黄色の小さな花がたくさん咲いていて近くに寄って眺めようと思っていたら、



b0358228_19555512.jpg




散歩途中と思われる見知らぬおじいさんが現れて、


木の枝をとって花の香を嗅いでいたのですが、


私にはその姿が木と対話しているようにも見えて、


おじいさんと木の時間を邪魔したくなくて、


遠くからただただ眺めていました。


b0358228_19574380.jpg



子供の頃は今よりもずっと花の名前を知っていたのに、


大人になるとずいぶん花の名前に疎くなっている私がいました。




b0358228_19344332.jpg




b0358228_19353926.jpg



キレイだな可愛いなと思っても花の名前がわからなくて、




b0358228_19394140.jpg
 



今はネットで知りたいことは簡単に調べることができるけれど、


せめて花の名前は自分の手で植物図鑑の本で探してみたいと思い、


今、小さな植物図鑑を探しています。


今年の小さな目標は花の名前に少しでも詳しくなること、かな(笑)




坂本龍一さん 《A Flower Is Not A Flower》








[PR]
by papermoon23 | 2016-04-23 06:30 | 旅先で見た風景 | Trackback | Comments(6)

森林浴 vol.2


b0358228_15401701.jpg






前回の続きです。

ベンチで一休みした後はさらに散歩道を進んでいきます。



b0358228_15192141.jpg




緑いっぱいの樹木たち。


いろいろな色の緑色があるとあらためて実感、


b0358228_15175594.jpg






樹木の香りと共に木漏れ日がシャワーのようにふりそそぎます。


森林浴という言葉の意味がわかったような気がします。




b0358228_15135014.jpg





b0358228_15293139.jpg





b0358228_15372492.jpg




b0358228_15390112.jpg




b0358228_15401701.jpg




新鮮な空気を吸いながら緑のまぶしい風景を見てゆっくりと歩きました。


風の音と小鳥のさえずりだけに耳を傾けながら。



これからの人生もこんな感じに自分のペースを守りつつ、ゆっくりと丁寧に歩んでいきたいと思いました。




b0358228_15435810.jpg




村松建さん 《フィトンチッドのささやき》






[PR]
by papermoon23 | 2016-04-22 06:30 | 散歩をしていて見た風景 | Trackback | Comments(4)

森林浴 vol.1

b0358228_05503195.jpg


若い頃は興味がなかったことでも年齢を重ねていくにつれて少しずつその良さがわかってくることがあります。


森林浴もその中の1つ。


誰もいない散歩道をてくてく。


b0358228_05550846.jpg




聞こえてくるのは風が吹く音と小鳥のさえずりだけ。



b0358228_05572194.jpg




ベンチを見つけてちょっと一休み。



b0358228_06004611.jpg




慌しい日常から離れてのんびり癒される時間を過すと、



また次の日から頑張れるような気がします。




b0358228_06052824.jpg





大好きな曲です。

村松建さん 《星が生まれる丘》






[PR]
by papermoon23 | 2016-04-21 07:00 | 散歩をしていて見た風景 | Trackback | Comments(4)

ドアノッカー vol.4

b0358228_00013661.jpg



いつの頃からか旅先で無意識に探すようになったドアノッカー。


探し始めて気づいたのは、


ドアノッカーは手の形をしたものが多いということ。


《ドアノッカー vol.1》に載せたのも、手の形をしたドアノッカーでした。


b0358228_07214857.jpg





そしてこれも同じ手の形のドアノッカーで、



b0358228_00013661.jpg



以前に出てきた手と違うところは、


おそらくドアノッカーを使わないときに下の台に留めておくために固定させるものだろうけれど、


b0358228_05535492.jpg





まるで人差し指に丸い石の付いた指輪を嵌めているように見えること。



b0358228_05580695.jpg




この指輪を嵌めているようなドアノッカーを眺めていると、





この指輪はどんな石の指輪だったのだろう?と想像するのが楽しくて、





多分、この石はダイヤとかルビーとかサファイアとかの華のある石ではなくて、




にぶく内側から輝く光を持つ石がふさわしいような気がして、




この指輪を嵌めているようなドアノッカーを見たのは月夜の晩でもあったので、



なんとなく頭に浮かんだのが、




和名が月長石とも呼ばれるムーンストーン。




ムーンストーンはパールと共に6月の誕生石でもあります。




実は6月生まれの私もムーンストーンの指輪を持っています。


b0358228_00025720.jpg




ちなみにパワーストーン辞典によると、

《ムーンストーンは心を明晰にし、適切な判断をさせ、自分の進むべき道に迷っている時は、迷いを取り去って、正しい選択へと導いてくれ、恋人選びの時は、冷静さを持って、的確に人を見抜く力を与える。怒りや悲しみ、感情の乱れやストレス、過去に蓄積された心の中のマイナスのパターンなどを鎮め、心を癒して穏やかで優しい気持ちにさせてくれ、精神を安定させ、情緒不安定に効果がある。希望や生きる意欲を与える。勝負事に効果的》とのこと。



私もムーンストーンの石が持つ効能を知ってからは何か冷静な判断をしないといけない時には無意識にこの指輪を嵌めているような気がします。
気休めかもしれないけれど、どこかで安心している私がいます。





このドアノッカーの手に嵌めている指輪もなんとなくムーンストーンの石の指輪のように見えませんか?(笑)


b0358228_05535492.jpg





Erik Satie 《Gymnopédie》(jazz version)




[PR]
by papermoon23 | 2016-04-19 08:00 | 旅先で見た風景 | Trackback | Comments(6)

自然の中を散歩しながら、お気に入りの風景を探すのが好きです。



いい感じに蔦の絡まっている木を見つけたり、



b0358228_23504116.jpg




名も知らぬ可愛い花を見て、




b0358228_23564122.jpg




b0358228_00113506.jpg




小さな植物図鑑を買おうかなと思ってみたり、



b0358228_00294003.jpg





噴水の水しぶきと波立った水面がキレイだなと見とれてみたり、



b0358228_01132643.jpg




知らぬ間に現れて足元まで寄ってきてそのまま去っていったネコちゃんとの出会いがあったり、と



b0358228_00205503.jpg



旅先で撮ったお気に入りの風景の写真を見るたびにその時々の小さな出会いを思い出します。










ずっとファンです。

大橋トリオさん 《風の谷のナウシカ》






[PR]
by papermoon23 | 2016-04-18 07:00 | 旅先で見た風景 | Trackback | Comments(4)

月影の街路樹

b0358228_00474273.jpg


子供の頃から山岸涼子さんの漫画が好きで、


中でも一番好きなのが、《妖精王》です。


b0358228_00490156.jpg


この漫画のあらすじはこんな感じで、

《病気療養のため東京から北海道にやってきた忍海爵(じゃっく)は不思議な体験をする。悪夢の危機から爵を助けたクーフーリンから自分が妖精王に即位する前に亡くなった王子グインの生まれ変わりだと知らされ、月影の窓を抜け妖精の国ニンフィデアに彷徨い込む。爵は子鹿(鹿の精)のプックと共に水の指輪を求めて、平和なニンフィデアを滅ぼそうとするダークエルフの女王クイーン・マブの居城へと旅を続ける。妖精王の第一従者のクーフーリン、謎の男・井冰鹿(いひか)、海の妖精(メロウ)のメリジェーヌ、風の妖精(シルフィード)、ハーピーなど多彩なキャラクターがファンタジー世界を彩る。水の指輪が輝く時失われた言葉がよみがえる。その旅の行方に待ち受ける苦難の試練とは…。》(ウィキぺディアより)


冒頭から

b0358228_06053073.jpg


b0358228_06071700.jpg
明治三十二年、北海道の十勝で
入植者の一人が夜おそく芽室太というところを通りかかると
草木ほどの丈(たけ)の人々に出会ったと
「十勝史」に記されている


とあり、ドキドキするような始まり方になっています。


中でも印象に残っているシーンが、

主人公の爵(じゃっく)が月の光に照らされて壁に映し出された窓の戸を触ると、



b0358228_06144029.jpg




その窓の戸が開いて、

妖精の国へ行けるというもので、



b0358228_06160215.jpg


子供心にこの月影の窓のシーンはすごく心に残り


それ以来、大人になってからも妖精の国へ行ける月影の窓にずっとあこがれていました。


でも実際に月影の窓というのは無理な話で、


旅先の街を歩いていてある日思いついたのが、


街灯に照らされた街路樹の影が壁に映し出された、《なんちゃって月影の街路樹》なのでした。


街灯に照らされて壁に映し出された街路樹の影を見るたび、「この街路樹の向こう側は違う世界になっているのかも」と勝手に想像してドキドキしている私がいます。




これらは旅先で少しずつ撮ってきた、「なんちゃって月影の街路樹」たち。


b0358228_00461557.jpg




b0358228_00404235.jpg



b0358228_00161176.jpg



いつもは人通りがあって壁に映し出された街路樹に触っていませんが、


いつかは誰もいないときに壁に映し出された街路樹を触って、


妖精の国へ行けるかどうかぜひ試してみようと思っています。

(間違って妖怪の国へ行ってしまったら怖いですが 笑)



L'Autre Valse D'Amelie






[PR]
by papermoon23 | 2016-04-17 08:40 | 旅先で見た風景 | Trackback | Comments(2)



このたび熊本の地震でお亡くなりになった方々に心から冥福をお祈りいたします。

そして被災地の方々には心からお見舞いを申し上げます。

復興が一刻でも早く進みますように。









初めて見たはずなのに遠い昔にどこかで見たような気がする風景がいくつかあります。


そして無性に懐かしいと思う気持ちが溢れてきて


時間も忘れて見入ってしまうことがよくあります。






b0358228_15552639.jpg




b0358228_19301991.jpg




ラヴェル 《亡き王女のためのパヴァーヌ》




[PR]
by papermoon23 | 2016-04-16 16:30 | 旅先で見た風景 | Trackback

散歩をしていて見つけたものや大好きな雑貨や本、そして趣味のハンドメイドやリメイクについて書いてます。


by paper moon