カテゴリ:雑貨いろいろ( 73 )

b0358228_17294890.jpg


好きで集めてきたミニチュア小物をプリンタートレイの中に飾りながら収納しています。


b0358228_21034432.jpg



こんな風に(笑)


b0358228_19182995.jpg


今回登場するミニチュア小物はこれ。

高さ2センチくらいの陶器で出来た小さな小さなキャンドルスタンド。

見た瞬間、「これだっ!!」と思いゲットしました。


b0358228_17071645.jpg


なぜ、「これだっ!!」と思ったのか?というと、


実は以前、近所の陶工房で一目惚れして買った陶器のキャンドルスタンドがあって、


b0358228_17270699.jpg



そのキャンドルスタンドは茶色のベースに辛子色の縁取りと水玉模様が施されていたもので、



b0358228_17153041.jpg


ミニチュアのキャンドルスタンドがこのお気に入りのキャンドルスタンドにすごく雰囲気が似ていたからなんです。


なんとなくキャンドルスタンド同士が呼び合ったような気も(笑)

一緒に並べてみると大きさの違いがよくわかります。


b0358228_17294890.jpg


前回のブログにも載せましたが、火を灯すとこんな感じ。


b0358228_07562273.jpg



今、考えているのはこの小さなキャンドルスタンドにも合うサイズのキャンドルを見つけてあげること。

バースデーケーキ用の細いキャンドルを削れば入るかな。

b0358228_17071645.jpg




素材は違うけれど、同じようなタイプのキャンドルスタンドを持っています。

それがこれ。以前のブログにも載せました。

1920年代のものでホウロウ製です。

b0358228_08024404.jpg

このキャンドルスタンドの元記事はこちら ↓





このキャンドルスタンドは忘れな草の絵が描かれていて可愛いくて気に入っています。


b0358228_08050146.jpg


キャンドルスタンドは大好きでたくさん集めているので、

このシリーズが終わったらブログに載せようと思います。




中村由利子 《Holy ニンフィディアの月》




[PR]
by papermoon23 | 2017-09-21 19:45 | 雑貨いろいろ | Trackback | Comments(8)
b0358228_07403809.jpg


ふと気がつくと、いつの間にかシリーズ化してしまった《プリンタートレイの中の風景》ですが、

今日はなんと7回目。こんなに続いていて自分でも驚いています(笑)


b0358228_21034432.jpg



もうご存知だと思いますが、

お気に入りのミニチュア小物たちをプリンタートレイの中に飾りながら収納しています。



b0358228_19182995.jpg



今日、登場するミニチュア小物は、素焼きの水瓶です。

一番左のはウルグアイに旅行した方から頂いたお土産で、持ち手に付いているのは乾燥した実で、

実の名前は聞いたはずなのに覚えていません(笑)


b0358228_07403809.jpg



これは先日のブログでも、ちらっと登場したすり棒と鉢。


b0358228_08423916.jpg


素焼きはナチュラルな感じがして眺めているだけでなんだかとても癒されます。

ミニチュアというほど小さくないのですが、

他にも高さが5センチほどの素焼きの植木鉢を持っていて、


b0358228_07104497.jpg

どんな風に使っているのか?というと、


蜜蝋のキャンドルを入れてキャンドルスタンドの代わりとして使ったり、

b0358228_07322529.jpg


ピンクションにしてみたり。

b0358228_07412553.jpg



これはマグカップほどの大きさの薄い黄色の釉薬がかけられた植木鉢で、

b0358228_07444722.jpg



これにも蜜蝋のキャンドルをドボンと入れて、

b0358228_07513061.jpg


火を灯してみるとこんな感じ。

左端のキャンドルスタンドは近いうちにブログに登場予定です(笑)

b0358228_07562273.jpg


これはまだ火を灯したことのないお気に入りの蜜蝋キャンドルたち。

松ぼっくりの形のと蜂さんのレリーフが付いているのと。


b0358228_07590594.jpg


いつか火を灯す日が来るまでこんな風に飾っておいても可愛いかも。


b0358228_08025385.jpg



今回はミニチュアの素焼きの水瓶が登場しましたが、


b0358228_07403809.jpg


素材は違うけれども、1920年代におままごとの道具として使われていたというコッパーの水瓶を持っています。

これは以前のブログに載せましたが覚えてらっしゃいますか?

この元記事はこちら ↓





b0358228_08530277.jpg

b0358228_08500782.jpg

b0358228_08571912.jpg




大橋トリオ  《The Music Around Me》





[PR]
by papermoon23 | 2017-09-13 08:25 | 雑貨いろいろ | Trackback | Comments(6)
b0358228_07452884.jpg


お気に入りのミニチュア小物たちをプリンタートレイの中に入れて飾りながら収納しています。



b0358228_21034432.jpg


b0358228_19182995.jpg


さて、今回登場するのは木製のキッチンツールの形をしたミニチュア小物たちで、

右からシュガーポット、コーヒーポット、そしてスパイスやハーブをすりつぶすのに使われたすり棒と鉢です。


b0358228_07452884.jpg


木製のキッチンツールのミニチュア小物は大好きでこれ以外にも持っていて、

以前のブログ記事でも載せましたが、普段はこんな風にコレクションケースに入れて飾っています。


b0358228_19483947.jpg



このミニチュア小物たちの元記事はこちら ↓




このコレクションケースの中にも似たようなコーヒーポットやシュガーポット、

b0358228_20103571.jpg


そして、すり棒や鉢もあります。

b0358228_20133563.jpg


そしてこれはプリンタートレイに収納しながらも素材が同じ木製でないため今回はブログに載せる予定のなかったけれど、

一応、載せておくことにしたすり棒と鉢(笑)

b0358228_08423916.jpg




そして古い時代に使用されていたコーヒーポットも持っていて、

今はコーヒー好きな主人がたまに丁寧に淹れたい時に使っているようです。


b0358228_08174942.jpg


特に主人がよく使っているのが真ん中のコーヒーポットで、

b0358228_06232144.jpg

このコーヒーポットをどんな風に使っているのかは以前のブログ記事に書いています。

元記事はこちら ↓



古い時代に使われていた生活道具を手にいれるのはなかなか難しいけれど、

それをかたどったミニチュア小物はわりと簡単に手に入るので今後も少しずつ集めていきたいです。

何と言ってもミニチュア小物は飾っても場所を取らないことが大きな魅力なので(笑)




Yo-Yo Ma and Rosa Passos 《Chega de Saudade》




[PR]
by papermoon23 | 2017-09-11 09:52 | 雑貨いろいろ | Trackback | Comments(4)
b0358228_07430287.jpg

少しずつ集めてきたミニチュア小物たちをプリンタートレイの中に入れて飾りながら収納しています。

b0358228_21034432.jpg

b0358228_19182995.jpg


今日、登場するミニチュア小物はこの中にあります。

さあ、どれでしょう?

b0358228_07385383.jpg

今日、登場するミニチュア小物は、これです! 

古い時代に使われていた鉄製のどっしりとしたアイロンです。

b0358228_07503449.jpg



実は私も古い時代のアイロンを4つほど持っていて、


b0358228_07430287.jpg


ミニチュアのアイロンと似ているのはこれ。


b0358228_08103799.jpg



こんな風にフタを開けて、中に熱い石炭を入れて使われていたそうです。


b0358228_06565791.jpg




そしてこれらはちょっと違うタイプのアイロンで、

おそらくストーブの上に置いて熱くしてから使用されてたのでしょう。

b0358228_08151574.jpg


これはゴールドっぽい色のもの。

b0358228_08284188.jpg


これは一番お気に入りのコッパー色にペイントされたもの。

b0358228_08315344.jpg


これはかなり錆びついていて刻印されている模様も見えず・・
今後の課題としては錆を落として磨くこと。どんな風によみがえるのか楽しみ。
なんとか今年中に出来たらいいな。

b0358228_08335891.jpg



この3つのアイロンは以前リメイクした小物入れに付いていたミニチュアアイロンに似ています。


b0358228_08201042.jpg

リメイクしたミニチュアアイロンの小物入れの記事はこちら ↓





普段はこれらの4つの古い時代のアイロンたちはインテリア小物として飾っていますが、

ドアの下に置いてドアストッパーにしたり、

こんな風にブックエンドの代わりにも使えて便利です。

鉄製のアイロンなので重い本が倒れてこないのが嬉しい。

b0358228_07322301.jpg

(追記)

今回のミニチュア小物のアイロンですが、

b0358228_07503449.jpg



鉛筆削りのアイロンも持っていたことを書くのを忘れていました。

これです! 一応、記録のために載せておきます(笑)

b0358228_22332763.jpg





Chocolatre 《風待ちのあとで》


[PR]
by papermoon23 | 2017-09-09 09:00 | 雑貨いろいろ | Trackback | Comments(6)
b0358228_08021165.jpg



集めているミニチュア小物をプリンタートレイの中に入れて飾りながら収納しています。


b0358228_19182995.jpg



前回のミニチュア小物は2014年のガレット・デ・ロアのパイに入っていたフェーブのウサギさんが登場しました。

b0358228_10005525.jpg

このウサギさんが出てくる元記事はこちら ↓




ガレット・デ・ロアのパイの中に入っているフェーブは毎年違うものが入っていて、

ウサギさんの他にもいくつか持っています。


b0358228_08021165.jpg



2009年はイチゴのカップアイスクリーム、

b0358228_08233862.jpg


2010年 ガレット・デ・ロアのパイが切り分けられたもの。

b0358228_08301344.jpg



パイの入っていた紙袋の写真と同じ(当たり前か 笑)

b0358228_09262603.jpg



2011年は王冠で、

b0358228_08333052.jpg




パイを買うと紙で出来た王冠も付いてきて、


b0358228_09582557.jpg


パイを切り分けた時にフェーブが入っていた人は王冠をかぶってその日一日王様として過せます。

そしてその幸運は一年続くとのこと。


甘いものが苦手でパイは食べないのに、フェーブ探しには参加したがり、

見事フェーブを当てて王様となったある年の娘。

b0358228_08404909.jpg


2012年は昔、パンを運ぶために使われていた手押し車でした。

120年以上続いている老舗のパン屋さんなので以前はこんな手押し車でパンを運んでいたのでしょう。


b0358228_08514942.jpg


2013年はパン職人のおじさん。

b0358228_08452511.jpg


そして2014年はウサギさんでした。


b0358228_10005525.jpg


2009年から集め始めて2014年までで、それ以降のものがないのはなぜか?と言うと、

家族が元々、少し固めのタルト生地の方が好きで、

切り分けたり食べる時にカサカサと崩れて、口の中の水分を全部持って行かれてしまうパイ生地があまり好きではないということと、

6年続けて食べているのでアーモンドクリームの入っているパイの味に飽きてしまったこと、

そして今はパイを買う前に事前にネットでどんなフェーブが入っているのかわかるため、

2015年、2016年、2017年のフェーブでほしいと思うものがなかったからなのでした。

ここ3年ほど買っていたのは違うパン屋さんの

ブリオッシュ生地のもの。

中には大好きな生クリームがたっぶり。

ブリオッシュと生クリームのコラボってどうしてこんなに美味しいのだろうと思うほど大好きです。


b0358228_09273836.jpg


ブリオッシュ生地のブリオッシュ・デ・ロアに入っていたのは、

東方の3賢人のフェーブ。後、1つでコンプリートです。

b0358228_09320792.jpg




Naomi & Goro 《The Paris Match》




[PR]
by papermoon23 | 2017-09-06 10:43 | 雑貨いろいろ | Trackback | Comments(4)
b0358228_21034432.jpg



いつの間にか集まってきたミニチュア小物たちをプリンタートレイの中に入れて飾りながら収納しています。


b0358228_19182995.jpg


シリーズ化してしまった《プリンタートレイの中の風景》は今日でなんと3回目。

今日登場するミニチュア小物は動物の中でも大好きなウサギさん。

b0358228_08422055.jpg



これはイタリアへ行った時に買ったヴェネチアンガラスで出来ている小さなウサギさん。

「このウサギさん、すごいわ~」と心の底から思えるのは、見方によって可愛くも不細工にもどちらにも見えるところ。

そんなことから、我が家ではこのウサギさんを《ブサカワウサギさん》と呼んでいます。

皆さんはどんな風に見えますか?
b0358228_08580935.jpg


そして、どんな見方をしても可愛いとしか思えないこのウサギさんは、

どこからやって来たのか?というと、

b0358228_09194113.jpg



1月になるとフランスではガレット・デ・ロアという伝統菓子がケーキ屋さんの店頭に並び始めます。

これは6日の公現節(エピファニー)をお祝いして食べるお菓子で、

大好きなパン屋さんのPAULでガレット・デ・ロアが売られてるので、以前はよく買っていました。

b0358228_09262603.jpg


ガレット・デ・ロアのパイ生地の中にアーモンドクリームが入っているのが好きです。


b0358228_09300268.jpg



切り分けられたガレット・デ・ロアの中に、


b0358228_09465091.jpg



フェーブという小さな陶器で出来た人形が入っていてそれを当てた人は、

b0358228_09512300.jpg


王冠をかぶってその日一日王様になることができ、

その幸運は1年間続くと言われています。


b0358228_09582557.jpg


ウサギさんは2014年の時のフェーブだったのでした。

b0358228_10005525.jpg

フェーブは毎年違うものが入っていて、

今まで集めたフェーブもプリンタートレイの中に入れて飾っているので次回の記事に載せる予定です。


ウサギさんは子供の頃から大好きで、

以前のブログにも載せましたが、ドイツのシュライヒ社の動物フィギュアでも持っています。

b0358228_19154151.jpg


b0358228_19215005.jpg


動物フィギュアの元記事はこちら ↓



これは娘が4歳の頃のお気に入りのワンピースに付いていたブローチのウサギさんで、

愛嬌のある顔が娘も私も大好きでした。

娘が大きくなった今では、

b0358228_10175981.jpg

元はチーズが入っていた木箱をミニソーイングボックスとして使っているのですが、

このウサギさんをピンクッションとして使っています。


b0358228_10211310.jpg


ぼ~っとした表情のウサギさんを見るたびに心がほわっと温かく軽くなっていくのを感じます。

大事に使っていこうと思っています。

b0358228_10251856.jpg


矢野顕子 《春咲小紅》




[PR]
by papermoon23 | 2017-09-02 10:40 | 雑貨いろいろ | Trackback | Comments(6)
b0358228_21034432.jpg


大好きで自然と集まってきたミニチュア雑貨を古い時代のプリンタートレイの中に置いて飾りながら収納しています。

主人も娘も自分のお気に入りのミニチュア小物をプリンタートレイに置いていくようになり、

今ではプリンタートレイの中は家族それぞれのお気に入りや思い入れのある小物たちが、ぎゅっと詰まった空間となりました。


b0358228_19182995.jpg



前回ではお菓子のおまけたちや可愛い絵柄のスタンプたちが登場しました。

前回の記事はこちら ↓




今回登場するミニチュア小物はこれ。

左から水差し、ミルク缶、そしてビアマグで、

どれも古い時代に使われていたものをミニチュアで再現したんだろうなと思うものばかり。

ミニチュアなのに精巧に作られていて、写真で見ると本物のように見えるから不思議。


b0358228_20254733.jpg


左の水差しは古い時代ではおそらく錫製であっただろうと思っています、と言うのは、

私も似たような錫製の古い時代の水差しを持っているから。

どれも1920~40年代のドイツ製で、

b0358228_20433106.jpg

古い時代のものなのでさすがに水差しとして使うのではなく、

花瓶とかモノ入れとかに使っています。

こんな感じにエリンジウムのアーティフィシャルフラワーを入れてみたり、


b0358228_20512954.jpg


ポトスを入れてみたり、

b0358228_20552773.jpg


お気に入りの香りのインセンススティックを入れてみたり、


b0358228_20595758.jpg


いつでもレース編みができるようにカギ針を入れてみたりと。


b0358228_21035611.jpg



そして真ん中のミルク缶は古い時代にはアルミ製であったと思うのですが、と言うのは、

b0358228_20254733.jpg


私も古い時代の実物のアルミ製のミルク缶を持っているからで、

左のはミルク缶というよりもランチジャーとして料理を入れていたのではないかな?

b0358228_20400690.jpg


こんな感じにプリンタートレイの中のミニチュア小物たちと実際に持っている実物の古い時代の雑貨を交互に見比べながら、どんな時代にどんな風に使われていたんだろう?と妄想・・じゃなくて想像するのは楽しくて癒される時間です。


残暑が厳しくて冷たいものばかり飲んでいたら見事にお腹を壊してしまい昨晩はトイレの住人となってしまいました(笑)
皆さんも体調を崩しやすい今、気をつけてくださいね。



Naomi & Goro 《 O Sapo》






[PR]
by papermoon23 | 2017-08-29 21:24 | 雑貨いろいろ | Trackback | Comments(6)


前回のブログの記事は「くまのプーさん」シリーズの切手でしたが、

今回もプーさんつながりの雑貨が登場します。

娘が幼稚園に通っていた頃、プーさんの星座シリーズのストラップを集めるのがちょっとしたブームでした。

そのストラップはガチャポンで出てくるため、

どの星座のストラップが出てくるかわからないので、

12星座すべてを揃えるのはなかなかの至難の技でした。


b0358228_20430978.jpg


プーさん大好きな娘にねだられ、

幼稚園のお迎えの帰り道に毎回1回ずつガチャポンをすることになりましたが、

同じものが出たら娘がお友達同士で交換することにしても、

12星座すべてをコンプリートするにはどのくらいの期間とお金がかかるんだろう?と私は内心ちょっとヒヤヒヤ。

しかし、その心配は杞憂に終わり、

なんと初日から毎回違う星座のストラップが連日出続けるという奇跡が起こり、

ガチャポンを始めて12日目にすべての星座のストラップが出揃ったのでした。

その時は「奇跡が起こった~、最低限の出費で済んだ~」と単純に喜んでいたのですが、

後から冷静に考えてみると、一生分のくじ運をこんなこと(しかもガチャポン・・)で使いきってしまったことに気づき、

私の一生分のツキ運、これで終わった・・・と複雑な気持ちに。


今は娘も大きくなって、逆お下がりとなって12星座のプーさんストラップたちが最近、私の元へやって来ましたが、

今も私を複雑な心境にさせるプーさんたちを一緒に見て行くことにしましょう。

どれも星座のシンボルのかぶりものをしています


ブログをご覧の皆さんの星座はどれでしょうか?





牡羊座

昔、こんな感じの羊の着ぐるみのパジャマを持っていました、娘ではなく私が(笑)
そんなわけで個人的に一番気に入っているプーさん。
羊の表情がなんとも可愛らしい。

b0358228_21121875.jpg


牡牛座

額がテカテカと光っているアブラギッシュなオヤジ風プーさん(笑)
牡牛座生まれの方、ごめんなさい。

b0358228_21154347.jpg


双子座

最初見た時は「これのどこが双子座?」と思ったのですが、手に持っているミツバチが2匹ということで納得。
しかし、どうしてもミツバチ柄の緑の雨ガッパを着込んだおばちゃんがお辞儀しているようにしか見えない・・・

b0358228_21180320.jpg


蟹座

このプーさんはどことなくバルタン星人に似ているので、
「バルタン星からやって来たプーさん」と呼んでいました、そして今も・・・

b0358228_21230641.jpg


バルタン星人


b0358228_08195850.jpg
(この画像はお借りしました)







獅子座

このライオンのかぶりものをしたプーさんは、

b0358228_21364860.jpg



大好きなお話の「オズの魔法使い」の登場人物の一人の、


b0358228_19151213.jpg

臆病なライオンに似ているような気がします。


b0358228_23275634.jpg



乙女座

お花を持っているいるから乙女座・・
そのあまりにも単純な思考回路からも製作者にはもうひとひねりして欲しかった乙女なプーさん。
娘は病気のおばあさんのお見舞いにお花を持って行く赤ずきんプーさんと呼んでいたような・・

b0358228_21292634.jpg


天秤座

これは見るからに天秤座なので、特にコメント無し。


b0358228_03175463.jpg



蠍座

蠍座なのに「なんで茹で上がったロブスターが・・・?」と思ったのは、

蠍の色が赤かったから。

私的には蠍は黒く塗ってほしかったような。


b0358228_03195098.jpg



ロブスター
b0358228_08330888.jpg
(この画像はお借りしました)





射手座

射手座はなんとなくミステリアスな感じがするのに、
色が黄色のため、どことなくお笑い系に見えるプーさん。



b0358228_03234567.jpg



山羊座

とても山羊には見えず、最初は牡牛座と間違えていました。
娘は「鬼に食べられそうになっている可哀想なプーさん」と言ってましたが・・・
b0358228_03293419.jpg



水瓶座

手に持っているのは水瓶ではなくてゴム湯たんぽに見えるのはなぜ??

 

b0358228_03262064.jpg



ゴム湯たんぽ

b0358228_08052963.jpg
(この画像はお借りしました)





まるでゴム湯たんぽの広告写真に使えそうな水瓶座のプーさん。

広告のコピーは「体の芯からだけでなく心(シン)からもじわっと温めますプー印のゴム湯たんぽ」かな(笑)

b0358228_03262064.jpg





魚座

こうやって魚を持っていると、プーさんというよりも魚河岸で働いているおっちゃんそのもの・・

b0358228_03320038.jpg


皆さんの星座のプーさんは見つかりましたか?

ちなみに私のはミツバチ柄の緑の雨ガッパのおばちゃんプーさんです。



Winnie the Pooh Theme Song





[PR]
by papermoon23 | 2017-08-26 09:00 | 雑貨いろいろ | Trackback | Comments(10)
子供の頃からずっと集めているのが切手で、

中でも可愛い絵柄のものが好きで、

「くまのプーさん」シリーズもお気に入りの1つ。

これはイギリス領アンギラで1982年に発行された「くまのプーさん」のクリスマスシリーズのものです。


b0358228_05223611.jpg


私は「くまのプーさん」の登場キャラクターの中では、

ピンク色の子豚のピグレットが大好きで、

b0358228_06332679.jpg



これは、ディズニーランドへ行った時に思わず買ってしまったピグレットのミニカー。

b0358228_06454230.jpg



正面から見るとピグレットの顔になっていて、

b0358228_06501755.jpg


こんな風にオープンカーにもなります。

眺めたり触ったりしているだけで気持ちがほっこりしてきます。

b0358228_06541717.jpg


この「クマのプーさん」シリーズの切手は、どれも絵本のページのよう。

それではどんな切手なのか一緒に見て行きましょう。

これは私のお気に入りのピンクの子豚のピグレット。

b0358228_06332679.jpg

ロバのイーヨーとカンガルーの親子のカンガとルー。

b0358228_06570806.jpg


ご存知プーさん。

b0358228_07041477.jpg


プーさんの大好物のハチミツが入れられている素焼きの壷が可愛い♪

b0358228_21022519.jpg

b0358228_21034316.jpg


うさぎのラビット。
b0358228_21053071.jpg


クリストファー・ロビン、ふくろうのオウルなどプーさんの仲間たちも登場します。

b0358228_21111608.jpg

「くまのプーさん」のお話は大好きなので、

この切手の絵柄の1つ1つのシーンを見るたびに、

お話の内容が思い出されて、

しばし心がほっこりします。


Gontiti 《かえりみち》




[PR]
by papermoon23 | 2017-08-22 16:40 | 雑貨いろいろ | Trackback | Comments(4)


子供の頃からなぜか《銀細工』という言葉が好きで、

大人になってから銀のアクセサリーを少しずつ集めています。

気に入ったものしか買わないので持っている数は少なく、

中でも大好きなのがペンダントトップで、


これは王冠の形をしていて最近のお気に入り。


b0358228_07544973.jpg


小さいのに丁寧な細工が施されています。

この王冠のペンダントトップをしているときは、不思議と女王様気分で高ぴしゃモードになるので、

交渉事でちょっと強く出たいと思う時に身に着けてもいいかも。




b0358228_07570855.jpg



そしてこれはお花の模様のペンダントトップ。

黒いのは決して手入れを怠ったわけではなく、いぶし銀加工がされているからで(笑)

ペンダントトップの上に付いているお花も可愛いし、

アンティーク風にも見えるのもいい感じ。


b0358228_08155873.jpg



このバラの花の形のものは、

ペンダントトップでありながら、ブローチとしても使える便利もの。


b0358228_08361152.jpg



このバラのブローチで留めてあるのはクロシェットレースで編んだ付け襟で、

b0358228_08554186.jpg


そもそもこのレースの付け襟は、

娘のよそゆきのワンピースの襟元が寂しい感じだったので、アクセサリー代わりに編んであげたのに、

「この襟、おばさんみたいでイヤだ!」ということで、

b0358228_08443722.jpg



おばさんの私が首に着けてみたところ、

どんなにひいき目に見ても、首に怪我をして包帯を巻いている人にしか見えなくて・・・

b0358228_08554186.jpg


何気に100均のカゴの周囲に巻いてみたら、

カゴの方が私よりも断然レースが似合っていて、

100均のカゴに負けたかと思うとなんとなく悲しい・・・

下の写真は100均のカゴがちょっとおしゃれな雑貨屋さんの2千円くらいのカゴに変身した瞬間の図。

b0358228_09050586.jpg


何といっても銀のアクセサリーの良いところは金やプラチナと比べて値段がお手頃ということ。

2千円出しておつりが来るところも気に入っています。





東京スカパラダイスオーケストラ 《水琴窟》





[PR]
by papermoon23 | 2017-08-19 09:36 | 雑貨いろいろ | Trackback | Comments(4)

大好きな散歩と雑貨とハンドメイドについて書いています。


by paper moon